News

  • 02_aroma
  • 03_studio
  • 04_webshop
  • 05_other
アロマオイルができるまで

アロマオイルができるまで

アロマオイル 健康や暮らしなど、様々なシーンで取り入れられるアロマオイルは、どのようにして作られるのでしょうか。

 

アロマオイルとは

植物の花・実・葉・皮・根などから抽出した、100%天然のエキスのことです。ハーブなどの芳香物質を濃縮した状態で、その香りによる効果などが注目される植物性の純精油です。その中でもアロマテラピー用の純度が高いアロマオイルは、数トンの植物からわずかしか抽出できないものもあります。

 

抽出方法

アロマオイルを抽出する際は、植物の性質などに合わせた抽出方法が採用されます。それによって、原料の魅力が詰まったエキスが抽出できるのです。植物などに多く採用される水蒸気留法、果実などからの抽出に採用される圧搾法、そして花などの繊細な原料から抽出する溶剤抽出法があります。

 

水蒸気留法

原料となる植物を蒸留釜に入れ、釜の下から熱い蒸気を与えます。熱によって気化した精油は、一気に蒸気へ溶け込みます。その蒸気を冷却することで再び液体にし、精油と、精油を含んだフローラルウォーターができます。精油はアロマオイルとなり、フローラルウォーターは化粧品やヘアケア製品に利用されます。

 

圧搾法

果実や皮をローラーなどで押しつぶして、低温状態にすることで精油だけを抽出する方法です。
現代では機械化されていることがほとんどですが、昔は手作業で行われていて、歴史の古い伝統的な方法として知られています。原料に熱を加えずに行われる圧搾法は、素材本来の香りを自然に近い状態で抽出できることが魅力です。

 

溶剤抽出法

原料となる花などの繊細な植物を、石油エテールなどの溶剤に漬けることで、じっくりと低温で抽出します。
熱を加えず常温で気化させる「揮発」を起こしてアルコールを加える、という作業を数回繰り返すことで、アブソリュートと呼ばれるエキスを抽出します。

 

中目黒のスタジオにてヨガクラスを行っているbe my selfでは、オーガニック商品を取り扱ったwebshopも展開しております。アロマ関連グッズとしては、オイル・石鹸・シャンプー・コンディショナー・ボディーソープなどがございます。自分のために、家族のために、地球のために、大自然がもたらす100%オーガニックの香りを、毎日の生活でお楽しみください。

PAGE TOP